これに対して、最近は新しいタイプのシステムトレードも出ています

売買法則は自分で作ってしまおう、というタイプのものです。FXを普通にやっている方の中には、一定の勝ちパターンはお持ちなんだけれど、そのパターンに従いきれず、つい裁量でトレードしてしまい、なかなか利益を積み重ねることができないという人もいると思います。そんな方に、このタイプのトレードはオススメです。このシステムを扱っている会社のインターネット画面に行くと、異動平均線やボリンジャーバンド、MACDなど実に様々なテクニカル指標が表示されています。利用者はその項目を使って、自分なりの売買法則を作り上げる仕組みになっています。さらに、この会社のシステムのすばらしいところは、自分でいったん作り上げたシステムで、どのくらいの利益を上げることができるのかが検証できることです。通貨ペアを選んだあと、過去何ヶ月間の間にこの売買法則を利用した場合、どれだけの利益を上げることができるのかといった具合です。思ったような結果が出ない場合、がっかりしてしまうこともありますが、しかしその場合は、システムをどのように構築すればいい再検討すればいいのです。自分で作るタイプのシステムトレード、皆さんも試してみてはいかがでしょうか。